MENU
最新記事エリア
外部リンクエリア
検索フォーム

RSPOについて

RSPO情報サイト


本サイトは、パーム油の国際的な認証制度であるRSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議、Roundtable on Sustainable Palm Oil)について、最新情報及びRSPOが公開する資料を日本語で提供することを目的としています。

RSPO事務局が運営する公式サイト(http://www.rspo.org/)では、新着情報や関連資料が公開されていますが、まだ日本語に対応しておらず、書類等は基本的に全て英語となります。日本企業の皆さまがRSPOを推進していくにあたり、それらの資料を英語のまま確認することが大変な手間である、また何をどこに問い合わせれば良いかがよく分からない、といった声が多くありました。そこでRSPOの情報をいつでも、だれでも日本語で入手できるように本サイトを立ち上げました。

ここに掲載されていない情報については、お問合せ先ページをご覧いただき、該当団体へお問合せいただきますよう、お願いいたします。
RSPOについてリンク集公式文書/資料

パーム油関連ニュース vol.4(2018.4.1~4.30)

■オリンピックとパーム油調達
2018/4/13
【産経スポーツ】東京五輪のパーム油と紙は人権、環境念頭に物資調達 組織委が基準案
→2020東京大会に向けて、選手村の食事などに含まれるパーム油や、ポスターに使用される紙の調達基準案が策定されました。6月には最終決定する予定です。


■パーム油調達における企業、諸外国の動向
2018/4/4
【産経Biz】市場は「ラニーニャ」先取り 大豆生産減少、食用油など価格上昇(ブルームバーグ)
→暑く乾燥した気候が続くラニーニャ現象の影響から、アルゼンチンや中南米諸国が干ばつに見舞われ、大豆生産量は710万トン減少する見通し、パーム油への需要と共に価格が上昇することが予測されています。

2018/4/13
【CNET Japan】新報告書「サリム・レポート」発表 日本のメガバンク3行、近年最大級の熱帯林違法皆伐とのつながりが判明
→開発が規制された1万hr以上に及ぶ土地で、違法にアブラヤシ農園を開発していたグループ企業に、日本の銀行が融資や投資をしていたことが言及されています。

2018/4/23
【BBCNEWS】Iceland criticised over palm oil removal from products(英アイスランド社、パーム油不使用への方針を批判される)(Google翻訳)
→アブラヤシ産業の多く(マレーシアでは65万人以上)が小規模農家の生計を支えていることや、他の植物油の栽培には更なる耕作面積が必要となることから、アイスランドフーズ社が発表した「使わない」という選択肢には批判の声もあります。

2018/4/24
【ロイター通信】Palm buyers urged to work on sustainability, not ban vegetable oil(パーム油の購買を止めるのではなく、持続可能な生産に取り組むべきだと促される)(Google翻訳)
→国際な林業研究センター(CIFOR)のロバート・ナシ(Robert Nasi)局長は、RSPOのような持続可能なスキームの上で取り組みを続けながら、その基準を強化することのほうが、パーム油の使用をやめてしまうことよりも良いと述べています。

2018/4/25
【日経】英スーパー、パーム油製品を追放 環境に配慮 反論の声も (インドネシア・コンパス紙)
→英国の大手スーパーアイスランド・フーズ社は、2018年末までに、自社ブランドの製品の原材料としてパーム油を使うのを止める方針を発表しました。


■森林破壊
2018/4/6
【ロイター通信】Indonesia peatland swap plan questioned over deforestation risk(インドネシアにおける泥炭地の土地交換計画、森林破壊のリスクへの懸念)(Google翻訳)
→企業が劣化させた泥炭地を回復させた後、その泥炭地と新たな土地(荒廃地)とを交換する計画があります。環境団体からは交換予定地に関する情報公開がなされていないことから、この計画が更なる森林破壊につながるのではないかと懸念されています。

■泥炭火災
2018/4/17
【インドネシア現地ニュース】アジア大会におけるスモッグの予告、TNIオープンタスクフォース(インドネシア語)(Google翻訳)
→2018年8月から開催されるアジア競技大会。開催地となるジャカルタやパレンバンでも、森林火災によるヘイズ(煙害)の被害が予見されることから、インドネシア国軍による特別任務部隊が編成されています。

2018/4/24
【ロイター通信】Asian Games to boost Indonesia's war on forest fires : official(インドネシア、アジア競技大会開催により森林火災対策が求められる)(Google翻訳)
→160億ドルの損害に加え、50万以上もの人々に呼吸器疾患をもたらした2015年の泥炭火災(森林火災)。アジア競技大会の開催に向けて、リスクが最小限におさえられるよう、主催国インドネシアへのプレッシャーが高まっています。

2018/4/26
【The Jakarta Post】More land, forests burned down in Jambi(スマトラ島ジャンビ州にて更なる泥炭地と森林の全焼)(Google翻訳)
→4月現在で、288.5haの泥炭地と森林の消火に当たるも、1月は122ha、2月は83.5haもの土地と森林が全焼。プランテーションを開くため、ガソリンなどで故意的に火を入れた跡も見つかっています。

■人間と野生動物に関するニュース
2018/4/3
【NEW STRAITS TIMES】Indonesians nabbed over sun bear slaughter: Police(マレーグマを殺害したインドネシア人、逮捕される)(Google翻訳)
→IUCNのレッドリストで危急種に指定されているマレーグマを4頭殺害、調理している様子を動画で配信したインドネシア人グループが逮捕されました。アブラヤシ農園拡大による森林減少は、人と野生動物との衝突を招いています。


■バイオマス発電、バイオ燃料としてのパーム油
2018/4/17
【日経】真相深層 バイオマス発電 黄信号 燃料調達難で大半稼働できない恐れ パーム油使用、乱開発助長も
→「国内資源の有効活用」に「環境負荷への軽減」と期待が大きかったバイオマス発電。燃料の量だけでなく、その質に対しても国内外から懸念の声があがっています。

パーム油関連ニュース vol.3(2018.3.1~3.31)

■オリンピックとパーム油調達
2018/3/19
【NNA ASIA】東京五輪で調達品どう選ぶ、パーム油と紙の基準案
→パブリックコメントが開始、3月30日までの募集となっています。環境団体らからは実効性への懸念が示されています。

2018/3/21
【毎日】パーム油、五輪で調達基準 「生態系保全」「住民の権利」盛る
→歴史あるオリンピック・パラリンピック大会で、持続可能性に配慮した調達が求められるようになった時代背景と、レガシー(遺産)として社会全体への浸透を目指す東京大会。

2018/3/21
【毎日】パーム油、五輪で調達基準 グリーン購入ネットワーク事務局長・深津学治さん
→東京五輪のパーム油・紙の調達基準策定が、消費者の問題への認知や行動変異、また企業が取組を始めるきっかけともなることが期待されています。

2018/3/23
【オルタナ】東京五輪、パーム油調達基準が抱えるリスクと課題
→大会組織委員会が発表したパーム油の調達基準案に対する懸念点とは。


■パーム油調達における企業、諸外国の動向
2018/3/2
【The Star】India raises import tax on palm oil to 44%, highest in a decade(インド、パーム油の輸入税を44%に引き上げ、過去10年で最高水準に)(Google翻訳)
→パーム油の国内消費量では世界一となるインドが、それぞれパーム原油と、精製されたパーム油の輸入税を元より14%引き上げています。

2018/3/17
【ロイター通信】Guatemala arrests owner, executives of palm oil firm for bribery, fraud(グアテマラのパーム油企業、詐欺罪にて逮捕)(Google翻訳)
→ネスレ社とカーギル社のサプライヤーであるグアテマラ最大のパーム油生産会社の経営者が逮捕。両社は購買を中止しています。

2018/3/19
【VOANEWS】Greenpeace Says Brands Refusing to Reveal Palm Oil Sources(NGOによる指摘、メーカーがパーム油の調達元を公表しない)(Google翻訳)
→グリーンピースが大手ブランド16社に情報開示を求めたところ、半数しか開示に至らなかったと発表しています。

2018/3/19
【健康情報ニュース】創健社、マーガリン2商品から「RSPO認証パーム油」に切り替え
→日本の食品企業がRSPOの認証ラベルを付けて商品を販売するのは日本初です。

2018/3/29
【日経】原材料調達で環境・人権配慮 花王や全日空 ESG投資意識
→ESG投資への意識もあり、原材料調達での取り組みが、食品や日用品メーカーにも広がっています。


■森林破壊
2018/3/19
【Mongabay】Indonesia launches bid to restore national park that’s home to tigers, elephants(インドネシア、トラやゾウのすむ国立公園の森の再生に臨む)(Google翻訳)
→国立公園でありながらも、約75%がアブラヤシ農園に変わってしまった土地を再生するため、違法に侵入した人々を移住させるプログラムを導入しています。

2018/3/27
【Mongabay】Company outed for fires in Indonesian palm lease still clearing forests in timber concession, NGO finds(NGOによる指摘、インドネシアパプワ州にて、森林火災への責任を問われた企業が、なおも原生林を伐採)(Google翻訳)
→パプワ州の森林減少の責任を問われたコリンド社。アブラヤシ農園開発のための森林伐採の一時停止を公表しましたが、2018年1月までの衛星画像からは、コリンド社の農園に隣接した原生林で伐採が行われていたことが指摘されています。


■泥炭火災
2018/3/19
【インドネシア現地ニュース】アブラヤシ農園での火災、Selimuti Madina地区(インドネシア語)(Google翻訳)
→泥炭地とアブラヤシ農園が4日間燃え続けました。雨の少ない乾季には、雨が降るまで消火が見込めないため、こうした火災が頻発します。

2018/3/21
【インドネシア現地ニュース】スマトラ島リアウ州の森林火災に対処するべくヘリコプターの出動(インドネシア語)(Google翻訳)
→2月19日に「緊急警報」が発令された後、インドネシア中央政府より森林と泥炭火災の消火に対応すべくヘリコプターが提供されましたが、現在1,000ヘクタールの森林と土地が燃えています。


■人間と野生動物に関するニュース
2018/3/15
【Mongabay】Indonesia races to catch tiger alive as villagers threaten to ‘kill the beast’(「獣は殺す」と脅す村人と、トラの捕獲を競うインドネシア)(Google翻訳)
→アブラヤシ農園に出没したトラに襲われ、村人2名が命を落としています。怒った村人たちにトラが殺されてしまう前に捕獲し、安全な地域での野生復帰を狙うべく特別チームが組織されています。

2018/3/19
【読売】いき・もの・事典 オランウータン 熱帯林消失進み絶滅危機
→パーム油を生産するためのアブラヤシ農園の開発の影響もあり、熱帯林が急速に消失していることから、その個体数は、過去100年間で約8割減ったとされています。 ※読売新聞社の許可をいただき記事を転載しています

2018/3/21
【EXPRESS】Baby orangutan pleads for help as it becomes another victim of palm oil forest clearance(パーム油生産のための森林消失で犠牲になった赤ちゃんオランウータンの救助)(Google翻訳)
→母親が殺され檻に入れられていたオランウータンですが、呼吸器官への障害や、皮膚にも病気があることから、野生復帰に向けてリハビリセンターに運ばれました。

2018/3/24
【AFP通信】動画:ペットとして飼われていたオランウータン救出 インドネシア
→5年間、小さな木箱の中で飼われていたオランウータンに関するニュースです。農民からは害獣と見なされたり、密猟者にはペットとして捕獲されたりする事例が後を絶ちません。