MENU
最新記事エリア
外部リンクエリア
検索フォーム

リンク集



パーム油関連ニュース vol.2(2018.2.1~2.28)

■パーム油調達における企業、諸外国の動向
2018/2/2
【Eco-Business】TDM land grant will mean ‘large-scale deforestation’ in Malaysia, warns WWF(RSPO加盟企業であるTDM社と政府との土地の取引はマレーシアでの「大規模な森林破壊」を意味するとWWFが警告)(Google翻訳)
→保護区であった地域でのプランテーション開発など、RSPOの原則に遵守しない状況が確認された場合、認証が取り消されることもあり得ます。

2018/2/10
【ロイター通信】Nestle stops buying palm oil from Guatemala company accused of corruption(ネスレ、汚職の訴えを受けたグアテマラの企業よりパーム油の購入を停止)(Google翻訳)
→サプライヤーが起こしている問題も、購入側である企業が自社で把握、確認、また対応することが当たり前になりつつあります。

2018/2/19
【METRO】Unilever releases details of its entire palm oil supply chain(ユニリーバがパーム油のサプライチェーンを全面開示)(Google翻訳)
→調達元となる1400カ所の詳細情報を公開しました。パーム油業界全体を改善することを目指した試みとしては、世界初となります。 ※ユニリーバのウェブサイトはこちら


■森林破壊
2018/2/7
【RZN】Indonesia issues new palm oil permits in Papua provinces(インドネシア、パプア州にて、新たなアブラヤシ農園開発許可が発効される)(Google翻訳)
→新規開発凍結(モラトリアム)として大統領令が発令された一方で、投資調整庁がパプア州での開発を許可していました。

2018/2/14
【Mongabay】‘Eye of Papua’ shines a light on environmental, indigenous issues in Indonesia’s last frontier(インドネシアの最後の砦「パプア」に注がれる環境面、社会面問題への視線)(Google翻訳)
→スマトラ島、ボルネオ島に続き、残されたパプア島でも開発が進んでいます。現状の情報を集めたウェブサイトが立ち上がりました。
※ウェブサイト「パプアの目」(Google翻訳
パプア州の地図データ

2018/2/23
【Mongabay】Tropical forest fragmentation nearing ‘critical point,’ study finds(熱帯林の分裂は「臨界点」に達そうとしている)(Google翻訳)
→原因は異なれど、東南アジア、アフリカ、中南米、それぞれの箇所で森林の分断が同じような規模で起きていることが発表されました。
※元の論文はこちらGoogle翻訳


■泥炭火災
2018/2/21
【AFP】インドネシア各地で森林火災、当局が緊急警報発令
→火災地点はスマトラ島、ボルネオ島で計4カ所。燃える乾季が始まっています。現地の災害当局は警報の中で最も上から一つ下の「緊急警報」を発令しました。

2018/2/26
【Mongabay】Indonesia braces for return of fire season as hotspots flare up(ホットスポットにて再発する火災とともに迎える乾季)(Google翻訳)
→約1万人の選手が参加する2018年アジア競技大会はインドネシアで開催される予定ですが、煙害の影響が懸念されています。


■人間と野生動物に関するニュース
2018/2/6
【JakartaGlobe】Man Arrested for Selling Sumatran Tiger and Sun Bear Body Parts on Facebook(スマトラトラやマレーグマで作られた装飾品などをフェイスブックで販売した男が逮捕される)(Google翻訳)
→森林の開発が進むと、森に続く道ができるため、密猟者にとっての森へアクセスも容易になります。

2018/2/11
【日経】続・地球が危ない(10)オランウータン森林破壊で激減
→過剰な資源への需要から熱帯林が激減、それに伴い個体数も過去100年間で80%減っています。

2018/2/20
【ナショナルジオグラフィック】オランウータン、16年間で15万頭失われる
→アブラヤシ農園や、製紙用植林地への拡大が原因で、これからも生息地の減少が続くことが予測されています。
※元の論文はこちらGoogle翻訳


■バイオマス発電、バイオ燃料としてのパーム油
2018/2/8
【SankeiBiz】太陽光発電18円に下げ 18年度買い取り価格、開始時の半額以下
→経済産業省はバイオマス発電を実施する事業者に対しての環境保全や持続可能性の確保を求めていくことを決定しました。

2018/2/9
【HUFFPOST】パーム油で急増、バイオマス発電のFIT認定/健全な伸長のため、望まれる持続的な燃料調達
→買い取り価格の値下げを前に、駆け込み申請が殺到しました。FIT(固定価格買い取り制度)が策定されたときの意義が問われています。

2018/2/21
【毎日】想定外のパーム油発電拡大 再生エネ買い取り対象 CO2削減に逆行も
→環境負荷を低減させ、国内の産業に寄与すべく始まった制度でしたが…

2018/2/23
【TheGuardian】Britain and Europe must ban palm oil in biofuel to save forests, EU parliament told(英国と欧州は森を守るために、バイオ燃料としてのパーム油使用を禁止しなければならない、と欧州連合議会)(Google翻訳)
→実際にどのように実施されてゆくかは、現在欧州委員会と加盟国により検討されています。

パーム油関連ニュース vol.1(~2018.1.31)

■オリンピックとパーム油調達
2018/1/13
【朝日】「SDGs五輪」めざす東京、食材・木材に調達基準
→持続可能に配慮した運営計画、基準策定の段階で既に緩いという指摘もあります。

2017/12/17
【BLOGOS】東京五輪を持続可能な大会にするために
→環境を優先と掲げていた世界最大の大会、今まで守られた基準を壊すことは…。

2016/2/29
【日経】東京五輪「持続可能な調達」発表 企業も街も対応へ号砲
→提供される食、現場でのサービス、また持続可能性はすべてのサプライヤーにまで問われてゆきます。


■パーム油調達における企業、諸外国の動向
2018/1/25
【StraitsTimes】Facing the EU palm oil policy(EUのパーム油政策)(Google翻訳)
→持続可能なパーム油生産に対しルールを設けることと、それを実動させることは全く別であるとの認識がなされています。

2018/1/19
【Mongabay】Outrage and conspiracy claims as Indonesia, Malaysia react to EU ban on palm oil in biofuels(EUの[バイオ燃料用]パーム油輸入禁止に対するインドネシアとマレーシアの反応、陰謀であるとの主張)(Google翻訳)
→森林減少の原因となるのであれば、EUの主張は妥当なものと活動家は話しています。

2017/12/14
【日経】業界動かすかカップヌードル 日清食品が油で環境配慮
→3年後に控えた五輪、SDGsの潮流より、五輪スポンサーでもある食品企業がRSPOに加盟しました。

2017/10/17
【日経】パーム油にも環境認証の波 じわりコストアップに
→今後はコストをかけても地球環境に配慮した調達を進めていく必要があるという食品企業の認識です。


■森林破壊
2018/1/3
【Mongabay】In early push into Papua, palm oil firms set stage for massive forest plunder(パプワ州へも、パーム油の生産による大規模な森林消失)Google翻訳
→インドネシアのスマトラ、カリマンタンに続き、天然林が多く残されているパプア州へもパーム油の開発が進み、2015年は1万件以上の火災のホットスポットが指摘されています。


■泥炭火災
2017/11/3
【Mongabay】How unhealthy is the haze from Indonesia’s annual peat fires?(インドネシアの年間の泥炭火災はどれだけの健康被害をもたらすのか?)Google翻訳
→ヘイズの煙には発がん物質、また有毒なガスが含まれるとされています。

2015/11/29
【日経】「煙害」がいぶし出す多国籍問題
→火を放ったのは誰なのか、という本質的な問題が問われています。

2015/11/10
【CNET】人災なのになぜ解決できないのか? ヘイズを巡る外交問題
→実際には半年以上続いていたヘイズ、日本も消火への支援を求められていました。

2015/10/28
【ニューズウィーク】インドネシアの煙害は「人道に対する罪」レベル
→インドネシアの汚染物質排出量は火災だけで、20倍の経済規模をもつアメリカの排出量を上回る結果に。

2015/10/23
【ハザードラボ】インドネシアの森林火災「呼吸できず」 宇宙からも煙が見えた
→当時国際宇宙ステーションに滞在していた日本人宇宙飛行士もその被害を目にしていました。


■人間と野生動物に関するニュース
2018/1/28
【日経】すみか奪われ人間とあつれき
→絶滅危惧種であるスマトラゾウが行き場を失い、毒殺されるケースも後を絶ちません。

2018/1/19
【JakartaGlobe】Decapitated Orangutan Found in Central Kalimantan River(絶滅の恐れのあるオランウータン、中央カリマンタン川で発見)Google翻訳
→頭のない腐敗した死骸、アブラヤシ農園で害獣として殺されたとみられています。

2018/1/6
【N.Y.Post】Rare Sumatran tiger kills worker at palm oil plantation(アブラヤシ農園で、希少なスマトラトラに農家が殺される)Google翻訳
→作業中の3人は慌ててアブラヤシの木に登るも、33歳の女性は引き下ろされ、死亡。森林減少に伴い、こうした衝突が増加しています。


■バイオマス発電、バイオ燃料としてのパーム油
2018/1/25
Mongabay】Biofuel boost threatens even greater deforestation in Indonesia, Malaysia: Study(バイオ燃料は、インドネシアとマレーシアの森林破壊に更なる脅威をもたらす)(Google翻訳)
→需要の増加が見込まれるバイオ燃料に伴い、4万5千平方kmの森林消失と、年間70億トンのCO2排出量増加が予測されてされています。

2017/12/07
【SustainableBrands】パーム油のリスク(1/3)発電申請急増で業界混乱
→パーム油発電を申請している事業所すべてが稼働した場合、約900万トンが燃料として必要になる計算。これは2014年時のパーム油国内消費の15倍にあたります。

2017/11/29
【YahooNews】パーム油燃やすバイオマス発電の異常
→再生可能エネルギーとしてのパーム油での発電、そもそもの目的にそぐわないことに。

2017/11/9
【JapanTimes】Japan’s green energy incentives cast spotlight on controversial use of palm oil(日本のグリーンエネルギー奨励への仕組み[FIT制度]、パーム油の使用に論議の的が集中する)(Google翻訳)
→アメリカでは使用不可、EUでは使用禁止になっていく中、日本は…。